ドッグフードにヨーグルトをプラス

犬に乳製品は、良くありません。
その理由は、乳糖不耐性といって乳製品に含まれる乳糖を犬は分解吸収できないので、下痢を起こしてしまうからです。
犬は乳糖分解酵素であるラクターゼの生産が少ないために、糖分が下剤のような働きをしてしまいます。
これには個体差があるようですが、多くの犬は乳糖不耐性を示して下痢をしてしまいます。
しかし、ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれていて、乳酸菌が乳糖を分解して乳酸をつくり、乳酸の発酵によってヨーグルトができています。
乳糖が全くのゼロになるわけではないので、個体差もありますが、お腹に悪影響を与えにくくなっています。

ヨーグルトを犬に食べさせる事によってどのような効果があるのでしょうか。
犬の腸には、人伝と同じように善玉菌と悪玉菌が住みついています。
善玉菌は腸内環境を整え、消化吸収を助け、ウイルスの感染などに対しても強い抵抗力を発揮します。
そしてヨーグルトの乳酸菌も腸内環境を整える働きがあるため、愛犬の腸内に善玉菌を増やす効果があります。
乳製品だけではなく、発酵食品でもあるヨーグルトには様々な酵素が含まれています。
肉食で消化不良を起こしがちな犬にとっても消化不良を抑え、消化吸収が良くなります。
口臭予防にも効果的です。

与えるときは、無糖タイプかつ低脂肪や無脂肪のタイプのものにしましょう。
与える量は、目安としては、体重3kgでティースプーン半分~1杯位ですが、極少量から始めてみましょう。
特に問題がないようであれば、2~3日、便の様子を見て少しずつ増やしていきましょう。
与えるときは、室温位まで戻してから与えまましょう。
与えるタイミングは、特に決まりはありませんが、乳酸菌は胃酸に弱く、腸にたどり着く前に90%以上死滅するといわれているので、食後の胃酸が薄まっているときや、ドッグフードに混ぜて与え、効果を最大限に生かしましょう。
ヨーグルトには、使用されている乳酸菌に違いがあり種類も豊富です。
それぞれに特徴があり、犬の体質などにより相性があるので、いろいろなちがったヨーグルトを試してみるのが、良いでしょう。

ヨーグルトの健康効果は犬も人間も同じなので、朝の散歩の後に飼い主さんも犬と一緒にヨーグルトを食べて健康生活を始めてみましょう。

【参考】
下痢のときに与えるフード:http://www.tbirdlodge.com/diarrhea.html
消化器を労るフード:http://www.optimumrecovery.com/hard_drive_data_recovery.html