チワワ用のドッグフード

小さな犬種のチワワは、骨や関節が細いわりに活発な性格なので、体をサポートできるようなドッグフード選びが非常に重要になります。
チワワは、骨や関節のトラブルを起こしやすい特徴があり、脱臼もしやすく、一度脱臼するとクセになってしまうこともあります。
骨や関節をサポートする栄養素であるグルコサミンやコンドロイチンなどが含まれているドッグフードを選ぶと、骨や関節をサポートすることによって骨折や脱臼などのトラブルを防ぎやすくなります。

そして、小柄なチワワは口やアゴが非常に小さいので、大きめの粒のドッグフードはあまり好まない傾向があります。
なるべく小さい粒のドッグフードを選ぶようにしてください。
犬は、あまり噛まずに飲み込んで食べます。
大きい粒だと胃腸への負担も大きくなってしまいます。

また、一度に食べられる量の少ないチワワは、低血糖症になりやすい犬種です。
一度の食事でお腹に負担をかけずにしっかり栄養をとる必要があります。
小柄でも、体のつくりは肉食そのものチワワの体にとって楽で負担の少ない栄養は、良質な肉によるタンパク質です。
下痢嘔吐などの消化不良症状の多い場合は、穀類を使用せず、良質な肉を中心につくられている「グレインフリー」「ヒューマングレードのタンパク質源」使用のドッグフードを与えてみましょう。

そのほか、チワワは涙やけに悩まされることも多い犬種です。
涙やけは、目が大きい小型犬に起こりやすく、ドッグフードに含まれるタンパク質が体質に合っていない場合に起こりやすい症状です。
ですので、涙やけのあるチワワにはタンパク質の種類を変えてみることが有効なケースが多いです。

全般的に添加物には注意が必要です。
小柄なチワワにとって、口にするものに有害な添加物が含まれているとその影響がダイレクトに出てしまいます。
体重2kgのチワワが食べると、体重20kgの大型犬の10倍の影響を受けてしまうことになります。
皮膚のトラブルは、添加物による原因が多いので、酸化防止剤や保存料などの添加物を含んでいるドッグフードには注意が必要です。

食生活は、犬にとってとても大切なことです。
犬は自分で、選ぶことができません。
食べないのも問題ですが、食べ過ぎで肥満も問題です。
食べないからと言って、おやつや間食をむやみに与えずに最良のドッグフードを、「同じ時間・同じ場所・同じ食器」で与えて、適度の運動をして、最高のペット生活を楽しみましょう。

【参考】
チワワの性格:http://animal-dog.com/a02-01-001.html
チワワが好むフード:http://xn--qckubrc3d4m.ws/58.html