カナダ産のドッグフード

ドッグフードの購入の際に原産国は、かなり重要な要素の一つになります。
日本のドッグフードは、まだまだすべてが安全ではないようです。

ドッグフードは、日本では「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」で管理されていますが、人間の食品の基準とペットへの食品の基準が違うため、ドッグフードには人間が食べられない危険な添加物や参加防止剤が含まれている可能性があります。
また、人間用の食材以外で、家畜用飼料、それ以外の食用にできないもので、工業用原材料、産業廃棄肉、産業廃棄物等といわれている、「角、爪、皮、骨や、臓物」なども含まれている可能性があります。

カナダ原産国のドッグフードすなわち、CVMA(カナダ獣医学協会)の基準をクリアしたドッグフードは、「Human grade」(人間が食用にする食品や食材を使っているという意味です)の食品や食材を使っています。
しかし、原産国とは製品の生産国のことで、原料を加工して製品にした国のことです。
原産国が日本産のドッグフードは、日本で製造されたドッグフードのことで、原材料が国産ということではありません。
同じ様に、カナダ産のドッグフードは、ドッグフードの生産国のことでカナダの原材料を全て使っているという意味ではありませんが、カナダ産のドッグフードは、HPやパッケージになどですべての原産地を表示したり公表したりしています。
日本で購入できる主なドッグフードは、カナダ産の原材料を使用しているものがほとんどです。
また、原材料に持続可能な方法で飼育され、人間用食材として認定を受けたものを使用しているドッグフードが多く、毎日新鮮な状態で加工されているものがほとんどです。

また、穀類・芋類・野菜類なども、生産地・農薬の種類や量・化学肥料の有無・水質など生産履歴管理され、鶏肉・ダック肉・ラム肉等では、飼料に抗生物質や成長ホルモン剤を使用していない、平飼い、水質などが表示されているものもあります。

しかしながら、カナダ産のドッグフードがすべて安全かというと、一概にそうとはいえません。
輸入品のドライフードの中には、輸入した大きなドライフードを日本で開封して、小さなパッケージに入れなおしたドライフードを販売している代理店もあるようです。
「Human grad」のドッグフードは、防腐剤や保存料、合成酸化防止剤を使っていません。
ドライフードの品質が劣化する原因は、水分、酸化です。
一度開封されているものは、痛みが早いのです。
メーカー、保管環境、季節によって異なりますが、30日~40日で消費できる容量のフードにするのが目安です。
平行輸入品は、メーカー直ではなく代理店や販売店の在庫を購入して輸入したフードといわれています。
正規輸入品でも、輸入したパッケージに、日本語の説明書を貼り付けただけのフードもあります。
代理店や、ショップの商品管理が重要なので、信頼できる・売れている店で購入することも大切です。